Manarose ヒーリング&アートスペース

manarosehe.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬の養生法 ~基本ケア・生活編~

冬の養生法

澄んだ空気、木の葉舞う軽やかな秋が次第に深まってきています。そして、これから日を追うごとに気温が下がってきます。楽しくセルフケアしながら体調を整えていきましょう。

コンテンツ:1.基本ケア(生活面、フラワーエッセンス、ホメオパシー)2.風邪を引きそうな時、引いた時のケア(生活面、フラワーエッセンス)

1.基本ケア 
この時期、冷やりした空気と共に風邪(フウジャ・東洋医学用語)がやってきます。冬を元気に過ごし、上手にカゼを素通りさせる方法を提案していきたいと思います。

風邪について・・・自然療法的には、風邪は日頃たまった疲れやストレスを外に追い出す役割をすると考えます。(鼻水、咳、熱などでデトックス)全く風邪を引かないより時には風邪を引くという方が大病を避けることにつながるかもしれません。
風邪は冬につきもの、引いても仕方がない、また、引いたらデトックスのチャンスだと前向きにとらえましょう。
ただ、日頃、まめにエネルギーの循環(エネルギーの排出と吸収)を良くしていると、風邪にかかりにくくなり、また風邪を引いても軽く経過させることが出来ます。
風邪の予防的なことだけでなく、気持ちよく元気に過ごすためにもどうぞ以下を参考にセルフケアに取り入れてみてください。

免疫力UP!心身ともにしなやかな強さを培っていこう!

①生活面等 一度チェックしてみましょう
・良質な睡眠・・・夜寝ている間に免疫を高めるリンパ球が増えます!
・手洗い・うがい・・・手をしっかり洗うことで細菌を80%減らせると言われています
・厚着をしない・・・厚着をすると肌の新陳代謝が下がり、抵抗力が落ちます。薄着に出来る時はやってみましょう。皮膚や粘膜が強くなります。
・バランスのとれた食事・・・身体を温める根菜類をよくとりましょう
・適度な運動・・・基礎体力をつけます。
・ストレスをためない・・・ネガティブな感情は免疫力を下げる要因に。
・笑う・冒険する・遊ぶ!・・・喜び幸せの感情は免疫力UPにつながります。.
・入浴、足浴・・・身体を温めて、気・血・水の流れをよくし、デトックスします






[PR]
by ManaroseHealing | 2008-09-28 12:49

冬の養生法 ~基本ケア・フラワーエッセンスその他~

身体を積極的に温めよう!エネルギーの流れを日頃から良くしよう!

②フラワーエッセンスを使った基本セルフケア
入浴・足浴で全身ケア
お花をお湯にいっぱいに浮かべて浸かるような感覚です。心身ともに温まり、幸せ感いっぱいになります。ストレスを和らげ、気、血、水の流れを良くします。デトックス効果もあります。
リフレクソロジーA:リラックス効果。寝る前に利用するとよく眠れます。
リフレクソロジーB:活力UP・痛み軽減に。朝、昼に使用。パソコン仕事をしながら足浴も効果的!
お風呂・・・その時の状態に合わせ、リフレクソロジーAかBを4滴~50滴の間で必要な滴数を入れて、20分ほど浸かる。時々腰湯にしてのぼせないように気をつける。
足浴・・・その時の状態にあわせ、リフレクソロジーAかB を4滴~20滴を入れ、20分ほど浸かる。
*お湯の温度は少し熱いと感じる程度。

フラワーエッセンスクリームとホットパックでセルフヒーリング!
フラワーエッセンスクリームを身体に塗りこみ、その上にホットパック(温熱作用)をのせると、身体もこころもぽっかぽか、クリームに入っているエッセンスがより効果的に浸透します。
スキンラスタークリーム:リラックス効果。特に寝る前に上半身に塗ります。ホットパックは気持の良いところにのせましょう。睡眠が深くなり、不眠に悩む方にもお勧め。首の後ろ、背中の上部は風邪(フウジャ)が入るところ。よく温めましょう。
ダンピエラクリーム:活力UP・痛みコリ軽減に。朝、昼など、活動時に使用。下半身、お腹、腰に塗ると身体が温まります。肩こり、腰痛などにも効果的。腰、仙骨を温めると全身効果的に温まります。

★★★ホットパックについて・・・市販の湯たんぽや身体を温めるグッズでOKです。.こちらでは「ホットウィート」というのを用意しています。参考までに・・・。ホットウィート:大麦・小麦の入った布の袋。電子レンジで3分チンするだけ。身体に乗せると芯まで温まり、温かさが持続します。冬には是非使って欲しいお勧めのものです。
*詳しい使い方、お問い合わせはこちらへ 
Manaroseヒーリング&アートスペース 堀口
メール:manarose@artistic.jp

③ホメオパシーでインフルエンザ予防
 日本ではまだあまり知られていない治療法だが、ヨーロッパでは200年近い歴史があり、ホメオパシーの専門医がいるほど普及している。薬とは思えないような飲みやすいレメディーを飲むだけ。どのタイプのインフルエンザにも対応できるというレメディーもあり、1ヶ月に1回飲むだけでよいというタイプのものもあるようです。

*ご興味のある方、ご相談されたい方はこちらに直接お問い合わせ下さい。
ラ・フィール治療院 鈴木
メール:lafeel@k5.dion.ne.jp 



**********************************
Manarose ヒーリング&アートスペース
堀口 美智子
メール: manarose@artistic.jp
http://www.artistic.jp/manarose/
**********************************
[PR]
by ManaroseHealing | 2008-09-27 12:53

親子マッサージ 阿佐ヶ谷児童館

親子マッサージ at  阿佐ヶ谷児童館 2010年

阿佐ヶ谷児童館で親子マッサージの会が開かれます。どなたでもご自由にご参加下さい。
参加費フリーです。

場所:阿佐ヶ谷児童館 (JR阿佐ヶ谷駅より徒歩3分)https://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0075.htm
日時:10月6日(水)10時半~11時半
    10月20日(水)10時半~11時半
内容:オイルを使わないベビーマッサージとママのストレッチ&セルフマッサージ
参加費:無料
[PR]
by ManaroseHealing | 2008-09-05 13:54 | オススメ講座・イベント

残暑から秋口にかけて 

残暑から秋にかけての養生法

この時期、日中は暑くても朝夕はだいぶ涼しくなり過ごしやすくなってきました。そんな季節にやってくる「夏の疲れ」。季節の変わり目でもありますし、上手にセルフケアをして気持ちよく過ごしたいものです。

★夏の疲れ、秋口に出やすい症状
身体が重い、だるい、すっきりしない、風邪(喉,鼻)など

★原因は?
暑い夏をどうすごしたかによりますが、
栄養不足、寝不足、紫外線により活性酸素のストレス、冷え(エアコンなど)などにより身体が疲れています。また、昼夜の温度差、乾燥などで抵抗力が落ちます。

★どうしたらいい?
・身体を温めよう(夏に冷えた身体を温め、東洋医学で言う気,血、水の流れをよくする。)
・・半身浴、足浴が効果的。身体を温める食事。
・適度な運動・・・歩く(お散歩にいい季節!)など
・ストレスを減らす、心の安定・・・人に話す、意識的に深い呼吸をする など
・着るものの工夫・・・首周りを冷やさない

★フラワーエッセンスでのセルフケアは?
半身浴、足浴には リフレクソロジーAとBがおすすめ。
身体を温めるだけでなく心に働きかけ、芯からリラックスします。デトックスもします。
リフレクソロジーA はリラックス。夜に使うのがおすすめ。
リフレクソロジーBは活力。昼間、夜でも寝るにはまだ時間があるときなど。疲れているとき。

★子どもには?
よく遊ばせ、笑い、バランスのとれた食事、十分な睡眠、親の精神的ゆとり など。(いつもと同じですね!)

●この時期にお勧めなのが「足浴」!本格的な冬の前に習慣化してみよう!子どもにも出来ます

やったことがない人は是非これを機会に新しい健康的な習慣を取り入れてみてはどうでしょう?身体全身が温まり、血行・代謝共によくなり、身体のいらないものを外に出してくれます。(デトックス)風邪を引きそうな時、足浴をすると本格的な風邪にならずにすむこともあります。

足浴の方法・・・洗面器に足の踝が隠れるくらいお湯を張って20分くらい浸かる。(膝下くらいまで浸かれるとより効果的。お湯の温度はちょっと熱いくらい40度~43度を目安に。子どもの場合は気持いいくらいから始めてみて。温度が下がってきたら足し湯します。)

注意: 先に使った人の老廃物などがお湯に溶け込んでいるので、お湯は一回ずつ捨てます。

健康チェック:・ 疲れや冷え、毒そなど出た時はニオイがします。
・ 左右の足を見て、特に赤くなっている方は冷えている足です。
[PR]
by ManaroseHealing | 2008-09-04 14:21